• 伊豆

下田市

  • 海辺の暮らし
  • 山あいのくらし
  • 温泉がある

下田市は伊豆半島の先端に位置し、山や海の豊かな自然に囲まれた人口21,000人程度の
小さな港町です。古くはペリー提督が黒船を率いて来航した開国の町として知られてお
り、町のあちらこちらに歴史的な建造物やエピソードがあり歴史町歩きが楽しめます。
毎年5月には黒船来航を記念した国際色豊かな黒船祭を開催しており、多くの観光客で
賑わいます。名物としては、日本一の水揚げ量をほこる金目鯛、イセエビ、アワビ、サ
ザエ、岩のり、はんばのり、干物などの海産物や明日葉、ふきのとう、山芋など山の幸
も豊富で食を豊かにしています。

相談予約はこちら

相談予約はこちら

icon hand

希望の相談時間を選んでください。〇の時間は予約可能です。
時間を選択後、予約フォームに必要項目を入力してください。

私がお話しします!

私がお話しします!

下田市移住担当/竹川

コロナ禍により、下田市へ移住してくる方が多くなっています。下田市では、地元の人と移住された方とのコミュニティーを構築し、移住相談会や移住希望者さんとの交流イベントを実施しています。移住前から気の合う相談相手(仲間)が出来ることにより、わからないことや不安なことの解消につながり、移住がスムーズに進むと思います。その他にも下田市空き家バンク制度、お試し宿泊補助制度、移住定住支援サポーターの設置などの体制が整っています。下田市オンライン移住相談窓口や、オーダーメイド型の移住体験ツアーを開設しましたので、ぜひご活用ください!

相談予約はこちら

ここが魅力!!

  • これぞ下田!水質最高ランクの9つのビーチ!

    これぞ下田!水質最高ランクの9つのビーチ!

    白浜中央海岸・白浜大浜海岸・外浦海岸・九十浜海岸・鍋田浜海岸・多々戸浜海岸・入田浜海岸・吉佐美大浜海岸・田牛海岸の個性豊かなビーチがあり、下田ファンはそれぞれ行きつけの海岸をもっています!あなたもお気に入りのビーチを見つけてみよう!

  • 美食家集まるグルメのまち!

    美食家集まるグルメのまち!

    日本一の水揚げ量を誇る下田の金目鯛!煮つけやしゃぶしゃぶ、刺身、ハンバーガー、寿司など市内飲食店でアレンジ料理を楽しもう! 新鮮な海鮮料理を一通り楽しんだら、次は鹿や猪などのジビエ料理はいかがでしょうか。海にも山にも美味しいものが溢れています!

  • 市街を一望できる移住体験施設!

    市街を一望できる移住体験施設!

    NPO法人伊豆in賀茂6が運営する移住体験施設「伊豆下田見晴亭」が2021年6月にオープンしました。 移住体験施設は、毎年6月に15万株300万輪のあじさいを楽しむことができる下田公園に隣接しています。街にも近く、市街を一望できるこの場所で下田の暮らしをぜひ体験してください。 冷蔵庫、洗濯機、エアコン、テレビ、食器、寝具など生活に必要なものは常備していて1棟貸しなので家族連れにぴったり!

  • ペリーさんも歩いた!レトロな街並みを散策しよう!

    ペリーさんも歩いた!レトロな街並みを散策しよう!

    江戸時代「開国のまち」として賑わいをみせた下田市ならではの史跡巡りやペリーロード、なまこ壁の古民家を改築したおしゃれカフェなど、散策すると楽しい発見がたくさんあります!歴史好きにはたまらない町中です!

相談予約はこちら

くらしの情報

教育環境:

保育所2園、認定こども園2園で保育を行っており、都内で問題となっている待機児童数は、ほぼ0人!また、通常の保育に加えて、障害児保育、病児・病後児保育も実施しています。
また、子育て支援センター、ファミリーサポートセンターが開設されている他、子ども医療費助成制度(高校3年生相当まで)自己負担なし、育児用品購入費助成制度、しずおか子育て優待カード制度、夏の海水浴場割引制度、不妊治療助成等、下田の子育て支援はとても充実しています。子育てに関する情報は、「しもだ子育てガイドブック」が発行されており、母子手帳の交付から予防接種、市の助成制度などの情報がこの一冊でわかります。
※ガイドブックは、下田市HP又は下田市役所市民保健課窓口 、福祉事務所窓口で配布しています。
教育施設は、幼稚園1園、認定こども園2園、小学校7校、中学校4校(令和4年度1校に統合予定)があります。高等学校は、市内には県立高校が1校(下田)、賀茂地域には県立高校が2校(稲取、松崎)あります。伊豆南部地域には大学や短大はなく、専門学校も看護系の学校が1校あるのみです。そのため高校を卒業して進学をするためには、ほとんどが市外に出なければなりません。
※下田高校には、理数科、普通科、園芸科【園芸科は南伊豆分校】があります。

病院:

市内には、病院が2機関、診療所・医院が18 機関、歯科医院が 12 機関あります。一般的な診療には十分な診療科目や機関数がありますが、専門治療や高度医療を行うことができる医療機関や産婦人科が少ないのが現状です。
救急医療では、救急センター等の専門の受入施設はありませんが、市内の医療機関が当番制で受け入れを行う体制が整っています。
重症者の場合は、伊豆の国市の医療機関まで搬送されることになり、特に重症または緊急を要する場合には、ドクターヘリも運航されています。

買い物:

市内には、スーパー5店舗、ホームセンター1店舗、ドラッグストア4店舗、家電量販店1店舗あります。スーパーには、新鮮な魚介類が豊富で、地場産品の直売所、無人売店には、朝採りの農産物などを手に入れることができます。全国展開しているコンビニエンスストアは13店舗あり、店舗の場所は幹線道路沿いに集中しています。
自家用車をお持ちでしたら、ほとんど不便なくご利用になれます。
各地域に小規模な商店はありますが、市内での飲食料品等の日常生活用品の買い物については市街地にあるスーパーが多く利用されています。地域によっては、車がないと生活が困難な場合もありますが、逆に言うと車があれば生活の利便性は確保されます。
ただし、市内には、映画館、ボウリング場、遊園地等の娯楽施設はありません。

交通:

市内の公共交通機関は、鉄道・バス・タクシーが運行しており、伊豆急下田駅を中心に市内各地に路線バス・コミュニティバスが設けられていますが、1日の便数は偏りがあるため、市街地外に住む場合は自家用車があると便利です。ただ、現在、下田市ではオンデマンド交通などの実証実験も進めており、交通システムは今後変わってくるかもしれません。


アクセス:

下田市は、首都圏からは日帰りも可能な位置にあります。
電車の場合、下田―熱海間を伊豆急行線・JR伊東線が結んでいます。首都圏からは、新幹線で熱海乗換えか、東京―下田間直通の特急電車をご利用いただくと約3時間です。
車の場合、東名高速道路から 東海岸を通る国道135号か、半島の中心を通る国道414号を利用するコースがあり、約4時間が目安になります。現在、東名高速道路沼津ICと下田を60分で結ぶ高規格幹線道路「伊豆縦貫自動車道」の整備が進められています。
また、下田港からは、カーフェリーにより伊豆七島(新島、式根島、神津島、利島)を結ぶ定期航路が運航されております。