• 伊豆

東伊豆町

  • 海辺の暮らし
  • 山あいのくらし
  • 温泉がある

東伊豆町は、伊豆半島東海岸の中央に位置し、山と海に囲まれた自然豊かな町です。
地域ブランドの稲取キンメやイセエビ、サザエ、テングサを特産とした漁業と、ニューサマーオレンジなどの柑橘類・カーネーションなどの花卉類を中心とした農業をベースに、美しい自然環境と海の幸・山の幸に恵まれた観光が主幹産業となっています。
豊富な温泉からなる6つの温泉郷で形成され、気候も温暖で過ごしやすく、年間約75万人の観光宿泊客に加え、首都圏からも比較的近いことから日帰り旅行も急増しています。
町の目標(将来像)として「満点の海・山・空は東伊豆」を掲げ、誰もがみんなが安心して暮らせる町、笑顔あふれる町づくりを目指し取組んでいます。

相談予約はこちら

相談予約はこちら

icon hand

希望の相談時間を選んでください。〇の時間は予約可能です。
時間を選択後、予約フォームに必要項目を入力してください。

私がお話しします!

私がお話しします!

東伊豆町役場企画調整課 岩崎/鈴木

私たち2人が皆様の疑問、質問にお答えします。移住を検討し始めたばかりで何を相談したらいいのかわからない方も、移住地の候補地探しをしている最中の方も、実は移住に興味があるだけの方も大歓迎です!!
また、東伊豆町はテレワークにも力を入れています。海を見ながらの非日常的空間で働けるシェアオフィスがおすすめです。

相談予約はこちら

ここが魅力!!

  • 海も山も近い自然にあふれたまち

    海も山も近い自然にあふれたまち

    伊豆半島の東海岸ほぼ中央に位置している東伊豆町は、北西に天城連山を頂き、東南には伊豆七島を臨む相模灘に面した自然環境に恵まれたまちです。 稲取細野高原は広さ約125ha、東京ドーム26個分という広大な草原で、春には山菜狩り、秋にはススキが楽しめます。 平均気温も約17℃ほどとなっており、東京と比較すると冬暖かく夏涼しく過ごせます。冬に雪が降ることはほとんどありません。

  • 子どもにやさしい、子どもが楽しいまち

    子どもにやさしい、子どもが楽しいまち

    東伊豆町では安心して子育てができるよう、様々な取り組みをしています。 ~主な取り組み~ 〇子どもが生まれたときにお祝い金をお渡しします。 〇子育てで必要なチャイルドシートやベビーカーの購入補助を行います。 〇子どもが病気や怪我等により医療機関を受診した場合の医療費を18歳まで助成します。 〇働く親を応援するため、放課後児童クラブや保育ママ、ファミリーサポート制度などでバックアップします。 保育園3園、幼稚園2園、小学校2校、中学校2校があり、地区をまたぐ通学の場合はスクールバスを利用できます。 クラス数が少ないので、みんな友達。楽しく学校生活が送れます。 自然の中で遊ぶ場所もたくさん!海、山、川、公園・・・町中すべてが子ども達の庭です。

  • 若い人が活躍しているまち

    若い人が活躍しているまち

    商工会青年部や地元の若者が積極的にまちづくりに参加しています。子どもを楽しませるためのイベント実施やまちづくり会議への参加など幅広く関わっています。 また、町には多くの大学が関わってくれており、空き家改修や地域魅力発信、文化継承など地域の人と関わり合いながら事業を進めてくれています。

  • 本当にまちまるごとオフィスなんです

    本当にまちまるごとオフィスなんです

    東伊豆町は都心から電車で2時間強、車でも3時間程度という距離のため、行き来しやすいことを受けて二拠点居住をしている方も多くいます。 平日は都心部で生活、週末は東伊豆町で田舎暮らしという方や普段は東伊豆町で自然に囲まれた生活をしながらリモートワークをし、時々都心部の会社へ出勤する方などスタイルは様々です。 田舎での生き方も十人十色。一度きりの人生だから自分の好きなスタイルで生活することをオススメします。

相談予約はこちら

くらしの情報

教育環境:

保育施設3(認可2、認可外1)、幼稚園2、小学校2、中学校2、高等学校1
文部科学省が推し進めている学校におけるICT環境の整備にいち早く取り組んでおり、すでに小学4年~中学3年までの全生徒に1人1台のパソコンを整備しています。今年度中には小学1年~小学3年用に1人1台のタブレット端末が整備される予定です。

病院:

病院6(総合病院2、個人病院4)、眼科医院1、歯科医院5
病院によっては送迎バスが出ている病院もあります。
緊急の場合は伊豆の国市にある大学病院へドクターヘリで即時搬送することも可能です。

買い物:

大型スーパーマーケット1、スーパーマーケット2、コンビニエンスストア5
その他にドラックストアや個人商店もあり買物には困りません。地場野菜や鮮魚の直売所や朝市もあり、新鮮な野菜や魚を購入できます。
ホームセンターや電気量販店、ショッピングセンターが車で30分ほどの隣市にありますので、休日にドライブがてら行くことが多いです。

交通:

電車:伊豆急行線伊豆大川駅、伊豆北川駅、伊豆熱川駅、片瀬白田駅、伊豆稲取駅
バス:東海バス 町内大川地区から稲取地区を結ぶバス(自主運行路線含む)

アクセス:

【電車】東京から熱海経由新幹線利用で約2時間
        有料特急で乗り換えなし約2時間20分
    名古屋から熱海経由新幹線(ひかり)利用で約2時間30分

【車】東京方面から東名高速道路、小田原厚木道路、国道135号経由で約3時間
   名古屋方面から東名高速道路、伊豆縦貫道、伊豆中央道、修善寺道路経由で約4時間20分